夜行バスを使うメリットとデメリットは?

時間を有意義に使うメリット

夜行バスは夜に移動しますので、車中は寝ることで移動時間を有意義に使えるメリットがあります。目的地に朝早く到着することが可能です。その日の活動スケジュールを充実したものにできるでしょう。また、往復で利用するとバス代がリーズナブルな価格になりますので、ホテルに宿泊することなく、翌日の朝には元の場所に戻れます。したがって、遠距離でも日帰り感覚での移動が実現します。最近では、利用料金が上がりますが、少人数の乗車で個室がありベッドに寝ているような感覚で睡眠をとれるバスがあるため、ホテルのような気分で移動可能です。PCやコンセントの使用環境があるため、長い時間楽しむことが可能で、自分一人だけで暇をつぶす環境が整っています。

渋滞など交通特有のリスクが高いトラブルによるデメリット

高速道路を長距離移動しますので。交通事故による渋滞のトラブルで計画通り移動できないケースがあります。車内で待たされるため、体への負担や心身へのストレスがたまりやすいと言えるかもしれません。また、冬場では、雪による交通制限がかかって通行止めによる停滞や、下道での移動の変更による所要時間の増大があります。車内にこもることが多いため、車酔いや気分が悪くなった時のリカバリーがしにくいです。サービスエリアでの休憩時間が設けられていますが、ストレッチや気分転換をしっかりすることが重要になります。また、薬など回復する手段をあらかじめ整えておく準備が必要です。夜行バスは友人や知人と利用することでも気分がまぎれるでしょう。

© Copyright Good Bus Inside. All Rights Reserved.